【カルドセプト】ネット対戦初心者のために



11月後期はランキングマッチが同盟戦だったため、気楽にやりたい俺はもっぱらスペシャルマッチの方で対戦していた。

スペシャルマッチはセプターポイントの低い初心者さんも多い。初心者がヘタクソなのは仕方ないが、それでボロ負けしてふて腐れて遅延行為の末に途中切断――というプレイヤーも多かった。

今回はそんな自分が見かけたカルド初心者に向けて、ネット対戦でのアドバイスをいくつか書いていこうと思う。次に対戦したときは切断しなくてすむように。
1:オールドウィロー、ケルピーは使うな
敵セプターを無理やり足止めする強力なクリーチャー。それゆえに他セプターからは徹底的に妨害を受けることになる。CPU戦と同じ感覚でネット対戦にもってくると、ひとつの領地も許されない勢いで妨害されるので初心者は使うべきではない。



2:迷ったら攻めろ
敵の防御アイテムをうっかり忘れてしまうのは上級者でもたまにあること。初心者は「あれ、この土地攻めて大丈夫だっけ? 相手のアイテムおぼえてないよ……」となったら思い切って攻めていこう。カードは手元で腐らせていてもなにも生み出さない。なにか行動を起こしていけば、たとえその土地は奪えなくても次の展開が見えてくる。



3:なにはともあれ加速スペルは必要
ホーリーワード8は多ければ多いほどいい。はじめたばかりでホーリーワード8がそろっていなければフライ(ダイスをふたつ転がす)でもヘイスト(2ターンの間ダイスが5~7に)でもいいので、足が速くなるスペルはなるべくたくさんブックに入れておこう。



4:ライフフォースは潰せ
猫ちゃんの可愛い絵柄とは裏腹に、クリーチャー召喚とアイテム使用のコストが0になる強力スペルであるライフフォース。これを使ったプレイヤーには、なにかいらないスペル効果を上書きしてやるのが効果的。火ブックならシャラザードの領地能力で消せるし、風ブックならホーリーラマの能力でもいい。放置しておくのは危険。



5:護符マップでは土地レベルUPは慎重に

初心者には難しい護符の扱いだが、ある土地のレベルアップしたときにいちばん得をするのは、その土地の護符をいちばん多く持っているプレイヤーであることはおぼえておこう。特にクリーチャーをほとんど置かずに護符ばかり買い集めるプレイヤーがいる場合、軽はずみに土地レベルを上げるとそのプレイヤーを助けるだけになってしまう。



6:護符を買うときはちょこちょこでいい
一方で護符の買い方だが、初心者は護符の大量買いは控えるべきだろう。護符を攻撃されたときに立ち直るのが難しくなってしまう。値上がりしそうな土地の護符を無理しない範囲で、少しずつ買い集めるぐらいがちょうどいい。



とりあえず自分が見かけた範囲ではこのくらいかな。あと最後にひとつ言っておくと、



7:最後まで諦めなければ道は開く

こともある

すべての領地を失って破産しても、最後まで粘れば逆転のチャンスは最低一回は見えてくるのがカルドセプトというゲーム。だから簡単に切断せずにどうにか食らいついて、一瞬のチャンスを見逃さないようにがんばってみてください。
関連記事

この記事へのコメント

  • ※:夢番地などは夢村掲示板に書いてください。
  • ※:コメント欄にフレンドコードを書かないでくださいね。

トラックバック

URL :

プロフィール

アラブ

Author:アラブ
↑ブログ公認ゆるキャラ「ニコニコ犬」

Twitter
では主に更新情報をお知らせしています。
フォロー&リツイートよろしく~

とびだせどうぶつの森
とびだせどうぶつの森 夢見レポート
夢見レポートまとめリスト

180以上の夢村をレポート


とびだせどうぶつの森 夢村掲示板
夢村掲示板

夢番地を書くための掲示板


とびだせどうぶつの森 夢見レポートU掲示板
夢見レポートU掲示板

夢見レポートを書くための掲示板
人気のエントリー
ブログ内検索
カスタム検索

2525日記ブログと夢村掲示板を検索できます

スポンサーリンク
3DSプッシュガード
おすすめ本
とびだせ どうぶつの森 デザインのある暮らし (ファミ通の攻略本)
とびだせ どうぶつの森 デザインのある暮らし (ファミ通の攻略本)


攻略本とはちょっとちがう、村をデザインするための一冊。ユニークな村づくりのヒントがたくさん詰まっている。通常の攻略本とくらべて情報量は少なめだが、その分スッキリと見やすいレイアウトがうれしい。
レビュー記事はこちらです

普通の攻略本はこちらを参考に
おすすめゲーム

ソリティ馬(3DSダウンロードソフト)

たった500円でこんなに遊べていいのでしょうか。ただのソリティアかと思いきや、コツをつかむとやめられない面白さ!気がつくと何時間もプレイしてしまうので俺は封印しましたw
レビュー記事はこちらです
最新記事
ブログ内検索 D
カテゴリ
リンク集
RSSリンク
QRコード
QR
スポンサーリンク